耳の病気は早期発見が大切|繰り返す腰痛はストレスがたまる|いろいろな改善方法

繰り返す腰痛はストレスがたまる|いろいろな改善方法

耳の病気は早期発見が大切

カウンセリング

耳以外にも症状が出ます

耳鳴りや難聴だけでなく、耳の病気にはめまいが併発することがあります。メニエール病などが代表的な病状です。聴神経の周辺には平衡感覚を司る三半規管や顔面神経などが密集していて、聴神経腫瘍のように大きさや場所によっては血管や神経を圧迫する為、他の器官にまで影響を与える事があります。聴神経は内耳から脳へ伝達する神経で、腫瘍ができると摘出手術や放射線治療によって対応をします。発症しやすい世代は30代から50代で、片方の耳にだけ腫瘍が発症します。聴神経腫瘍は基本的には良性のものが多く、悪性腫瘍のように他の器官に転移することはほとんどありません。大きさや位置によっては脳へ影響を与える事もあるのでMRIやCTなど、画像検査により治療方法を模索します。

顔の麻痺はありませんか

聴神経腫瘍によって、顔面の痛みや麻痺が起こることがあります。顔面の知覚を支配している三叉神経が腫瘍によって圧迫されるために起こります。顔面のけいれんも顔面神経を腫瘍が圧迫すると起こります。初期症状が顔の麻痺だと、聴神経腫瘍からくるものだと気が付きにくいので、内科だけでなく耳鼻咽喉科も合わせて受診しましょう。早期に気が付くことで治療方針も早く決まり、早期回復に役立ちます。腫瘍は最終的には全身麻酔による摘出施術を行います。三叉神経や顔面神経、周辺の血管に癒着している場合には後遺症の可能性も否定できませんが、癒着部分を除いて摘出することがあります。また、摘出が難しい場合や難しい場所によって放射線治療を行うことでリスクの少ない治療法を選ぶこともできます。