加齢で生じる病気の一つ|繰り返す腰痛はストレスがたまる|いろいろな改善方法

繰り返す腰痛はストレスがたまる|いろいろな改善方法

加齢で生じる病気の一つ

ドクター

男性がかかりやすい

年齢を重ねることにより、人は経験や知識を蓄えて賢くなっていきます。しかし体の中のそれまでは大丈夫だった部分が、問題を生じてしまうことがあるのです。いわゆる加齢によって、起こりうる疾患がそれにあたります。腰部脊柱管狭窄症という病名は、ご存知でしょうか。これも多くの場合加齢によって発症することが、多い病気の一つです。何故か女性よりも男性の罹患率が高く、50代から80代に起こりやすいのが特徴ともいえます。脊柱管は、脊椎にある細長い空間で脊髄を守っている重要な部位です。脊髄が傷つくと、手足のしびれだけでなく四肢麻痺や時に呼吸困難まで起こることもあります。脊柱管が狭窄することで、脊髄が圧迫を受けて腰や足のしびれを起こるのが腰部脊柱管狭窄症なのです。

予防につとめましょう

進行が進んで最悪の場合は、手術するしか治療方法がない場合もあります。しかしそれ以前に、進行を遅らせ治療する方法はいくつかあるのです。早めに気づき治療を、開始すれば重症化する前に問題を解決できます。初期の段階では、自覚症状に気づきにくいこともあります。足、腰にしびれや、痛みを感じたら整形外科での診察を、受けてみましょう。検査の方法は、レントゲンやCTなどです。手術の他にも、温熱療法・運動療法・コルセット療法・神経ブロックなど様々な方法が行われています。腰部脊柱管狭窄症は、冷たいもの甘いものという飲食物でも、痛みが生じることもあるのです。こういった食べてはいけないものの指導や生活習慣の改善も、治療の一部と考えた方がよいでしょう。何よりもベストな方法は、腰部脊柱管狭窄症になってしまう前に予防することです。腰や足に負担を、かけすぎる無理な姿勢にも気をつけることが大切な予防の一つになります。